にょほほ電鉄−車両−京浜急行電鉄
京浜急行電鉄は、品川・泉岳寺を起点に横浜を経由して三浦半島へ
と至る鉄道で、元々は川崎市街から川崎大師へと至る大師電気鉄道
が起源の、関東初の電気鉄道である。品川〜横浜間はJR東海道線
と競合関係にあるため120キロ運転を実施。都市部での高速運転
はファンを魅了する。関東では珍しく、ステンレス車全盛の時代に
おいて、最近まで頑なに「赤い電車」を伝統的に踏襲、また料金不
要特急の快特を運行する等、関西の私鉄に近い雰囲気を持つ。
※画像は京急イエローハッピートレイン
駅名標 京浜急行電鉄
駅名標は赤い電車に対して青い海をイメージしたデザイン。京急蒲
田駅付近の連続立体化工事の進捗に伴い登場したが、当初は白ベー
スとなっていた。2010年に羽田空港国際線ターミナル駅が開業
し、国内線ターミナル駅との誤降を防ぐため、他駅とは異なるブル
ー基調の駅名標が登場したが、好評であった事から、こちらが次期
標準型となった。
※矢印を画像にかざすと旧駅名標の画像へ。

和文書体:新ゴ
欧文書体:Frutiger

注意喚起用ドアステッカーは、シンプルを通り越して味気無さすら
漂うが、4カ国の言語が記載されているのが特徴である。
乗降扉のガラス部に段差のある600形・1500形・800形で
は、従来の丸型のものも併用されている。なお800形は、過去に
よく見られた、指から血が滴り落ちる、とても痛そうな旧型ステッ
カーが残存している。
※矢印を画像にかざすと「痛そうな」ステッカーの画像へ。

■2100形(1998年)

開業100周年を記念して登場した快特用車両。後に2000形を
置換えるべく増備された。外観は快特伝統の2扉車となる。座席は
転換クロスシート(車端部はボックスシート)で常に進行方向を向
くよう、始発駅で一括転換が可能(乗客による操作は不可能)座席
自体も海外製の瑠璃色の座席で、特別料金不要特急とは思えない豪
華さ。制御装置はVVVFインバータでドイツのシーメンス製。起
動時に「ドレミファ〜♪」と特異な音を発するのが特徴であったが
現在は制御機器交換により「歌う電車」は過去のものとなった。
■1000形(2代目・2002年)

老朽化した旧1000形を置換えるべく登場した車両。旧1000
形とは在籍時期が重複しているため「新1000形」とも呼ばれる。
2100形をベースとした3扉車。車内の座席は、ロングシートが
基本であるが車端部にはボックスシートを備える。制御装置はVV
VFインバータで1・2次車はシーメンス製で「ドレミファ〜♪」
と特異な音を発するタイプであった。しかし3次車以降は静音タイ
プに変更された。車内の居住性は向上したが、一部ファンからは不
満の声も?
■1000形ステンレス車(2007年)

京急の主力車両である1000形は、2007年製造の6次車より
今まで頑なに「赤い電車」を貫き通した京急にとって初のステンレ
ス製車体となった。ただしイメージを踏襲すべく、側面には広幅の
赤いフィルムが貼付された。また踏切事故対策として運転台は高運
転台化され、また前面強度も1.5倍の強度とした。制御装置は国
産メーカーのものを採用した。全体的に高性能化とコストダウンが
図られている。座席は全てロングシートとなり、ボックスシートが
消えたのは残念である。
■1000形(1800番台・2016年)

1000形は、15次車のうち一部編成で、朝ラッシュ時の増結用
途として、また全般検査などで浅草線直通運用の8両編成が不足し
た際に2編成を連結して8両編成とできるよう、前面貫通扉を中央
に配置した編成が登場している。3編成が在籍。なお15次車から
は側面のカラーフイルム貼付が、塗装編成に極力合わせたデザイン
となっている。
■600形(3代目・1994年)

旧1000形の置換えを目的として登場した車両。居住性の向上を
図るべく、通勤型車両、しかも地下鉄直通対応車両としては非常に
珍しい、全席クロスシート(車端部はボックスシート)の座席とし
た。さらに混雑時にも対応すべく、座席を可動式として、床面積を
広げられる工夫もされた。前面形状は3次元曲面の優雅な形状。登
場当時は前面窓下はグレー塗装であったが、視認性向上のためアイ
ボリーとされた。なお現在は更新工事により可動式座席が撤去され
車端部以外はロングシート化されている。
■600形「京急ブルースカイトレイン」(2005年)

600形のうち606編成は、2005年3月に更新工事を施され
た際に、車体色をブルーに変更、広告貸切列車「京急ブルースカイ
トレイン」として登場した。また同年6月には2100形2157
編成にも同様の塗装が施された。特殊塗装であるが運用は他編成と
共通運用とされている。なお2100形のみ、京急ホームページに
て運用を公開している。
■1500形(1985年)

旧1000形に代わる、地下鉄浅草線乗入れ用車両として登場。外
観は2000形譲りのデザインとなるが、側面窓が従来車と比較し
てやや小さくなるなど、良くも悪くも従来の京急のイメージを変え
た。また現在の地下鉄乗入れ車両の中では全車がロングシートであ
るなど、地味な印象の車両である。1990年増備車からは、制御
装置が京急初のVVVFインバータ制御となり、前面にはスカート
(排障板)が設けられた。

■2000形(1982年〜2018年)

旧600形の老朽化に伴い、優等車両として遜色ない仕様を採用し
登場した車両で、京急に新風を吹き込んだ。前面形状は800形の
設計時に廃案となったデザインにアレンジを加えて採用したもので
スピード感あふれる外観となる。両開き扉や角型2灯の前照灯など
京急初の新機軸を数多く採用したこの車両は、鉄道友の会「ブルー
リボン賞」を受賞。ところが2100形の登場により一般車改造を
受け、後年は白帯塗装・ロングシート・3扉化された。老朽化のた
め2018年3月をもって引退した。
■800形(1978年〜2019年)

普通列車の速度向上を目的として登場した車両。乗降扉は4扉とな
る。制御装置は界磁チョッパ制御とし省エネルギー化に貢献。前面
形状は、本来は左右非対称デザインとする予定であったが、当時の
国鉄201系とデザインが被り、大人の事情で現在のデザインに落
ち着いた。なお登場当初は、赤地に窓周りが白という新塗装で登場
したが、後に新塗装を「優等列車用」と制定されたため2000形
に譲り、800形は従来の白帯塗装に戻されてしまった。鉄道友の
会「ローレル賞」受賞。正面の塗り分けから「ダルマ」と呼ばれた。
ホームドア設置による規格統一のため2019年をもって引退した。
■1000形(初代・1959年〜2010年)

都営地下鉄浅草線の泉岳寺延伸に伴う直通運転の開始を事前に控え
乗入れ用車両として登場した。当初は、前面に貫通扉のない非貫通
構造であったが、地下鉄直通規格に合わせて前面に貫通扉を設置し
た。19年間で356両が製造され、京急の代表車両として親しま
れたが、老朽化には勝てず2010年6月をもって引退した。現在
は一部車両が高松琴平電気鉄道に譲渡され第二の活躍をする。
■700形(1967年〜2005年)

ラッシュ時の乗降時間短縮のため、京急初の4扉車で登場した車両。
製造コストを削減すべく、電動装置のない付随車2両を連結したが
これが仇となり他の車両に比べて加速の遅い車両となってしまう。
ラッシュ時には、本来の普通列車運用よりも、加速や減速の少ない
優等列車に使用されるという、車体と性能が比例しない車両となっ
てしまった。晩年は専ら大師線を住み家としていたが2005年を
もって引退した。一部車両は高松琴平電気鉄道に譲渡され第二の活
躍をする。