にょほほ電鉄−車両−上田電鉄
上田電鉄は、長野県内の上田から別所温泉へと至る路線。上田交通
より鉄道事業を分社化し誕生した。経営状態は上田交通時代から予
断を許さない状態で度々廃止論が浮上しているが、地元自治体の支
援により辛うじて存続している。近年は大河ドラマ等の影響により
微増傾向にある。東急グループ。
駅名標 上田電鉄
駅名標は、2016年に駅ナンバリングを導入した際に、まるまど
りーむ号の雰囲気としたデザインに統一された。ただし駅ナンバー
は自駅のみとなる。

和文書体:新ゴ
欧文書体:新ゴ

■6000系(2015年)

上田電鉄の最新鋭車両。1000系と同様、東急1000系を譲受
した車両であるが、中間車から先頭車化改造された点が異なる。前
面形状は左右対称デザインであるが貫通扉は埋められている。登場
時より特別塗装とされており、地元の戦国武将である真田幸村をイ
メージした、赤色や家紋の六文銭がアクセント。「さなだどりーむ
号」として活躍する。
■1000系(2008年)

上田電鉄の近代化を目的として登場した車両。系列会社である東急
1000系を譲受し導入した。比較的車齢の浅い形式の譲受であり
甲信越地方の地方私鉄では初のVVVFインバータ制御車両となる。
導入に際し、短編成化や寒冷地対策、ワンマン運転対応改造を施さ
れたものの、最初に導入された1001編成は赤帯で登場したため
雰囲気は東急時代のまま。なお1002、1003編成は「自然と
友だち号」、1004編成は「まるまどりーむ号」となる。
※「まるまどりーむMimaki」号は後述。
■1000系「まるまどりーむMimaki号」(2015年)

円形の戸袋窓が特徴であったモハ5250形「丸窓電車」を再現し
た「まるまどりーむ号」7200系のうち7253編成が引退する
のに伴い、2009年に登場していた1004編成が2代目を引き
継ぐ事となった。クリームと紺色の塗装はラッピングによるもので
県内の業務用プリンターメーカーであるミマキエンジニアリングが
特別協賛している。

■7200系(1993年〜2018年)

東急7200系を譲渡のうえ導入した車両。上田交通(当時)初の
冷房車である。当初のストライプは緑と黄緑であったが、鉄道部門
分社化の際に、上田丸子電鉄時代の面影を出したクリームと紺のス
トライプに変更された
。また一部編成は「丸窓電車」モハ5250
形の塗装を再現した「まるまどりーむ号」として活躍。老朽化に伴
い2018年5月をもって引退した。